とある超電磁砲ピンボールマシン

< 日本初の暴風警報 過去の天気図 日本海海戦と天気 >
歴史
1884年6月1日 : 日本初の天気予報

1884年6月1日は、日本で初めての一般向け天気予報が発表されました。「気象記念日」は、この日を記念して定められたものです。毎日3回(午前6時、午後2時、午後9時)の全国天気予報がスタートしたのです。初日の天気予報は次のようなものでした。午前6時「全国一般風ノ向キハ定リナシ天気ハ変リ易シ 但シ雨天勝チ(Variable winds, Changeable, some rain)」午後2時「変リ易キ天気ニシテ風位定ラス 且雨降ル地方モアルベシ(Changeable; variable winds, local rain)」午後9時「中部及ビ西部ハ晴或ハ好天気ナルベシ 北部ノ一部ハ天気定ラス 一部ハ曇天又ハ烟霧ナルベシ(Fair to fine in central Japan and the W, partly unsettled, cloudy or hazy in the N)」この日午前6時に描かれた天気図を見ますと、等圧線が3本しかないものの、日本列島の南側の気圧が低くなっています。時期的に考えて、梅雨前線があったのでしょう。梅雨前線上の低気圧が日本列島の南を進んだ影響を受けて所々で雨が降ったが、低気圧が遠ざかった西日本は夜には天気が回復した、といったところでしょうか。

NPO法人気象キャスターネットワーク

歴史

  1. 日本で最初の天気図配布(1883年3月1日)
  2. 日本初の暴風警報(1883年5月26日)
  3. 日本初の天気予報(1884年6月1日)
  4. 日本海海戦と天気(1905年5月27日)
  5. 関東大震災と天気(1923年9月1日)
  6. 二・二六事件の天気(1936年2月26日)
  7. 秘密の天気図(1941年12月8日)
  8. 原爆投下と天気(1945年8月6日・1945年8月9日)
  9. 空白の天気図(1945年9月17日)
  10. 濃霧の中の海難事故(1955年5月11日)
  11. 38豪雪(1963年1月31日)
  12. 東京オリンピック開幕日の天気(1964年10月10日)

極値

  1. 八甲田山系雪中行軍と、旭川で-41度(1902年1月25日)
  2. 国内初の40度超え(山形)(1933年7月25日)
  3. 沖縄(久米島)で雪(国内最南端での雪観測)(1977年2月17日)
  4. 最低気温が30度以上(1990年8月22日)
  5. 熊谷と多治見で40.9度(2007年8月16日)
  6. 四万十(江川崎)で41度(2013年8月12日)
  7. 最大10分間降水量 室谷(新潟)50ミリ(2011年7月26日)
  8. 最大1時間降水量 香取(千葉)153ミリ(1999年10月27日)
  9. 最大1時間降水量 長浦岳(長崎)153ミリ(1982年7月23日)
  10. 最大日降水量 魚梁瀬(高知)851.5ミリ(2011年7月19日)
  11. 最大瞬間風速 宮古島(沖縄)85.3メートル(1966年9月5日)
  12. 最小湿度 高山(岐阜)0%(2005年4月9日)
  13. 東京で初の最低気温30度以上(30.4度)(2013年8月11日)
  14. 東京の最高気温(39.5度)(2004年7月20日)
  15. 東京の日最低海面気圧(952.7hPa)、東京湾で高潮災害(1917年10月1日)
  16. 東京の最大日降水量(371.9ミリ)(1958年9月26日)
  17. 東京の最大日降雪量(33センチ)(1969年3月12日)

2. みんなで育てる情報

  1. レシピ
  2. 過去の台風
  3. 過去の天気図
< 日本初の暴風警報 過去の天気図 日本海海戦と天気 >