とある超電磁砲ピンボールマシン

1. 長期・歴史的データアーカイブとデータレスキュー

台風や気象に関するデータを長期的にアーカイブすることは、過去の世界を調べるだけでなく、過去から現在に至る変化に基づき未来を予測する目的にも重要です。しかし、長期データアーカイブを維持することは簡単ではありません。データ形式の変更やデータ品質の向上、データ収集方式の変更など、常に生じる変化に追従し適応する柔軟性がアーカイブシステムには必要です。データアーカイブをどのように持続的に構成し運用するかは、今後の大きな課題です。

また、過去のデータを掘り起こして保全するとともに、再利用可能なデータとしてよみがえらせる活動を、データレスキューと呼びます。特に過去の紙資料をデジタル化し、再利用可能なデータ化することは、歴史を研究する上で欠かせない作業となります。このような作業を通して構築された「」は、過去の世界を復元し詳しく調べるための有力なツールとなるでしょう。

以下に「デジタル台風」がアーカイブしている主なデータを一覧します。これにより、多種多様なデータがそれぞれに適した方法でアーカイブされていることがわかるでしょう。

データ名称 データ種別 開始年
静止気象衛星「ひまわり」画像 画像データ 1978年〜
台風経路データ 2次元軌跡データ 1951年〜(北西太平洋)、1907年〜(オーストラリア)
アメダスデータ センサデータ 1976年〜
雨雲レーダーデータ 2次元観測データ 1988年〜
3次元グリッドデータ 2002年〜
オンラインニュース テキストデータ 2003年〜
Twitterデータ テキストデータ 2012年〜2020年
気象災害データ 構造化データ 1971年〜
気象庁防災情報XML 構造化データ 2012年〜
気象庁天気図 グラフィックデータ 1883年〜
地上気象観測原簿 手書き文字文書 1878年〜1989年
IBTrACSデータベース 2次元軌跡データ 1842年〜

2. 関連ページ

  1. オープンサイエンス
  2. 「デジタル台風」におけるキュレーションとオープンサイエンス:持続可能なデータプラットフォームに向けた課題
  3. IIIFの自然科学分野への利用
  4. デジタル台風プロジェクトの歴史